賢いビジネスローンの使い方とは

ビジネスローン

個人事業主で、現在会社を経営している事業者にとって、安定した経営は大切です。安定した事業をするためには、一定の資金が必要で、経営者にとって一番頭を悩ます問題です。経営が順調な時で、潤沢な資金が自社にある時には、ローンはあまり必要性を感じません。ところが、一旦赤字経営に変わると、従業員への給与などを考え、精神的なストレスは計り知れません。そういう時はまず銀行融資を考えます。ところが、融資までに時間がかかる事が多く、必要な時に融資してもらえないことがあります。そんな時にはビジネスローンを利用しましょう。ビジネスローンは最短で即日で融資してもらえ、銀行融資のつなぎとして、便利なローンです。メリットばかりが多いように感じるビジネスローンですが、注意したい点もあります。メリット、デメリット両方を詳しく調べてみました。

金利と無利息期間を把握して便利に使いたいビジネスローン

ビジネスローンに限らず、各種ローンで一番気になることは、やはり金利です。ビジネスローンの金利は銀行融資の約3~5倍です。そのため、審査が甘く、借りやすくなっています。借りやすいからといって、無計画に借り入れることは要注意です。あくまで売り上げが入るまでなどの、資金が必要、でも手元に現金が少ない時などの借り入れに留めておきましょう。無計画に借り入れると、借金が膨らみます。銀行融資よりは金利が高いため、あっという間に利子が大きくなります。計画的にビジネスローンを利用したい時は、無利息期間内に支払いをするという計画を立てると、返済までのめどが立ち、便利です。一定期間は無利息なので、その期間内の返済は、借りた金額のみです。借金は早く返済するとお得なのは、どのローンにも共通しています。

余裕のある時ほどビジネスローンの準備を進める

利益が多く、手持ちの現金や預貯金があれば、基本的にはビジネスローンの必要性はありません。でも一旦経営が赤字になると、どの銀行も融資は通りにくくなります。黒字経営のうちに、借金ができる準備をしておくと、経営状態が不安定になった時に、乗り越えられる可能性が出てきます。黒字のうちならローンカードというローン専用のカードを作ることができます。審査時に、一定額の収入が問われることがあるので、経営が安定している時に作っておくと、最高額まではローンが可能です。また、ビジネスローンを早めにして、それと同時に銀行融資を進めると、ビジネスローンを借りた後も、心配することなく資金繰りができます。いずれにせよ早め早めの資金調達が肝心です。借りられるうちに借りておく、割り切ってこう考える方が安定した会社経営には必要かもしれません。