より効果的なビジネスローンの特徴は

ビジネスローン

事業者が資金の運用として検討する大きな代表的なものとして、銀行融資とビジネスローンがあります。この2つの大きな違いは、金利と限度額と審査内容と言えるでしょう。銀行融資は金利が安く限度額が高いのが特徴ですが、審査が厳しく時間もかかります。その点ビジネスローンは無担保で契約できるものも多く、最短即日融資可能なものもあります。急な資金が必要になった場合の一時しのぎとしてはとても有効な使い方です。ですが、先にも述べたように金利が高いのがビジネスローンです。すぐに返せる見通しがないのであれば、大金の借り入れはおすすめできません。しかし先の未来、どんな事態が起こるかわかりません。いざという時にすぐに対応できるよう、予め自分の会社に合うビジネスローンを候補に挙げておくと安心でしょう。

ビジネスローンの種類とそれぞれのメリットとデメリットは

ビジネスローンには大きく分けてローンカード型と事業融資型があります。事業融資型とは銀行融資と類似していて、初めに大きな金額を一気に借り、あとは返済するだけという形です。ローンカード型より審査が通りやすく、限度額が高いのが特徴です。ただし、即日融資も増資も難しいので、高額融資を検討しているのに銀行融資の審査が通らなかった場合などに利用するのがよいでしょう。ローンカード型とは、必要な時に必要なだけATMから借り入れが可能です。ただし、ATMにより現金引き出し制限が設けられているので注意が必要です。限度額の範囲内でならいつでも何度でも借り入れや返済が可能ですが、事業融資型に比べ限度額が低く審査も厳しくなります。急な資金調達が必要になった時や、短期的に資金繰りが厳しくなる時期が頻繁にある場合などに利用するとよいでしょう。

ビジネスローンの有効な活用法とは

先に述べたよう、ビジネスローンは銀行融資に比べとても金利が高い商品です。一般的に銀行融資の金利が1~4%なのに対し、ビジネスローンは5~15%です。可能であれば、ビジネスローンは利用するべきではないといえます。しかし、ローンカード型で事前に枠だけ持っていて、いざという時の為に備えるという方法もあります。即日融資可能といっても、実際には数日を要したり、審査に落ちてしまったりと、資金繰りが間に合わなくなるという場合もなくはないわけです。そうなる前に予めカードを作っておけば安心ですよね。契約さえ済んでいれば、カードを使って数分でATMから資金調達ができます。持っているだけで借り入れをしなければコストもゼロ。もちろん入会金や年会費もかかりません。また、資金繰りに余裕のある時の方が審査も通りやすいのです。この保険的な使い方ができるのが、ローンカード型ビジネスローンの最大のメリットといえるでしょう。