ビジネスローンの特徴とは何があるか

ビジネスローン

ビジネスローンとは、個人事業主や中小企業のために無担保で借りることができるローンで、事業のために使う資金を融資します。主な使い道に運転資金などがありますが、特に使い道を指定せずに利用することが可能です。ローンというと、信販会社や消費者金融が取り扱っているイメージがありますが、銀行でもサービスを提供しています。近年は、銀行とノンバンクが提携したサービスが登場するなど、選択肢に広がりを見せています。通常の金融機関の融資では対応していない、融資をしてもらえないケースでも、ビジネスローンなら融資可能なケースが多くあります。しかし、ビジネスローンをどこの金融機関から融資してもらうのかは大きな問題です。融資を受ける側の金額や期間、さらに金利などによって融資条件に大きな違いがでます。

ビジネスローンのメリットを解説します

ビジネスローンが他の融資方法と比べて優れている点は、何と言っても急ぎの資金に対応してもらえる点です。その他にも、業者によって速さは変わってきますが、最短でもビジネスローンの審査には1時間程度、遅くても3営業日以内となっているところが多く、他の融資方法と比較するとかなり早いことが分かります。融資されたお金は、コンピニのATMなどですぐ引き出すことが可能です。更に、銀行融資などと違い担保や保証人がいりません。その代わり、利用限度額が数百万円程と低くなっています。これは利用者の信用度によって変わります。それ以上お金が必要な場合は、不動産担保ビジネスローンなどを検討すると良いでしょう。そして、事業に使うための資金ならば、具体的な使い道を問われない点です。従業員へのボーナス、設備購入費などさまざまなことに使うことができます。

ビジネスローンのデメリットを解説します

メリットが多く、利用価値の高いビジネスローンですが、当然デメリットもあります。まず、最大のデメリットは金利が高い点です。公的融資や銀行融資と比較するとかなり高いことが分かります。実際に適用される金利は借りる側の信用度審査により決まりますが、上限金利のギリギリに設定されることが多いようです。特に初めて融資を受ける際は、上限値の金利になると考えましょう。次に、融資限度額は利用可能額ではないという点です。融資の上限は銀行融資と比較すると、500万円程と少なくなっています。しかも、この上限額まで目いっぱい借りることはできないのです。借りる側の事業規模や信用度を審査したことにより融資金額が決まり、さらに返済能力や必要運転資金額などを考慮して最終決定がされます。年商100万円の企業が500万円の融資が通るはずがなく、必要な金額分の融資がもらえない場合もあるのです。